ギャラリー有楽【信楽】

展覧会のご紹介

信楽焼有楽作品展のご案内

2019年10月15日 更新

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

191015D

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(きばなほととぎす)

作品紹介 杉本 祐柞『蹲花入れ』

2019年10月01日 更新

杉本 祐(すぎもと ゆう)氏の作品を紹介します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

緑色から黄金色に変わりうねりながら

家の周りを囲んでくれていた稲もすっかり刈り取られ、

むせかえるような藁のにおいだけが残る広々とした田園風景に姿を変えました。

新米の時期は、その品種や地域の収穫期にもよるようですが

桜前線のように北上していくようです。

秋はどの季節よりも心に迫ってくる気がします。

夕暮れの茜色がじいーんと染みたり、ざわざわとゆれるすすきや

白や紺のかわいい野菊の花がきゅーんと切なかったり。

何を見てもすぐに溢れそうになるのは私だけなんでしょうか。

 

当 有楽では、10月16日(水)~29日(火)まで

会期無休で有楽が選んだ作家の作品展を計画しています。

今始まったNHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」

作品の主な舞台は信楽です。

小さい秋をみつけにぜひ信楽にお越しください。

お待ちしています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(しろばなほととぎす)

作品紹介 古谷 和也作 『信楽混成角花入』

2019年04月26日 更新

古谷 和也(ふるたに かずや)氏の作品を紹介します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

三十一年と言う歳月を駆け抜けたように感じる平成。

いよいよ五月から新しい年号、令和が始まります。

平穏に日々が過ぎる良い時代になりますように。

節目を迎えることで自分の気持ちも一新、

これを機に何か新しいことをと思うのですが。

有楽も4月24日から『信楽焼の今』と言うテーマで作品展を行っていて、

沢山の方々にご覧いただいています。

その準備で忙しく過ごしている間にすっかり葉桜になり、

山が近く感じるほど白く咲いていたタムシバも散ったようで、

濃い緑一色になって、その隙間に山つつじが華やかな色で

絵でもかくように咲き、目を楽しませてくれています。

庭にはコブシ、リキュウバイ、ドウダンツツジ、ハナモモといつの間にか満開

草むらでは、スイセン、アマドコロ、ナルコユリ、ホウチャクソウ、

オダマキ、シャガも咲いています。

作品展は5月7日まで開催しています。

是非お立ち寄りください。お待ちしています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(ぼけ)

作品紹介 谷 穹作 『三角花入れ』

2019年04月15日 更新

谷 穹(たに きゅう)氏の作品を紹介します。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

20190415春

 

桜前線は今日はどのあたりでしょうか。

不意に寒さが戻ると一日か二日は足踏みをするようです。

信楽も三分咲き、五分咲きと不ぞろい。

でも山すそを美しくピンク色に染めています。

桜だって気温だけでなく咲く時期、花の色、花びらの数も

いろいろ違うのだそうです。

桜の個性ですね。

有楽では4月24日(水)から2019年の作品展を行います。

有楽が選んだ旬の作家の作品の展示即売です。

春の自然を満喫しながら有楽にお運びください。

お待ちしています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(つばき)

信楽陶若手作家作品展が始まります

2018年04月27日 更新

SONY DSC

 

SONY DSC

 

SONY DSC

 

つばき、梅、桃、桜の花が一度に咲き乱れ、ゆっくり愛でる暇もなく

その姿を変えて新芽へと移りました。

今も朝夕は暖房があって快適に過ごせる気温ですが、

昼間は半そでの衣服で過ごして心地よい数日が続きました。

今まで群青色をしていた山の木々も新芽から変わったのか

「色々ってこのことを言うのか」と思うほどの緑色が重なり合って、

パッチワークのようなちぎり絵のような美しい風景を作っています。

庭の木々も新芽から葉に成長し、個性のある形や色を示し

自然の美しさを作っています。

白や黄色のヤマブキの花や藤の花が咲き、

苧環や射干の花も野原を飾っています。

有楽では明日28日から若手作家の作品展です。

おでかけください。

お待ちしています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(おだまき)

信楽陶若手作家作品展のご案内

2018年04月15日 更新

180415B

古谷宣幸

鈴木大弓

古谷和也

高橋美子

澤 克典

杉本祐

「三日見ぬ間の桜かな」と言われますが、

信楽の桜も4月1日はまだつぼみが固く、3日はちらほら咲きでした。

夜半の雨、風や、朝夕の気温の低さからか7,8日が満開でした。

満開が今年は例年より1週間早いようです。

今はもう葉桜になりましたが明るい季節の訪れです。

草もいちだんと成長し、つくし、たんぽぽ、ふき、あまどころ、

ふじばかま、われもこう、のかんぞう、ばいもなどの新芽は

その伸びがわかるほどで、その勢いに驚かされます。

私もじっとしていられなく、背筋を伸ばして何か新しいことを始めたくなりました。

草々の早さにはかなわなくても、自分のペースで自分らしいひと伸びをなんて。

作品展の御礼

2017年10月31日 更新

171031A

 

作品展の会期中は衆議院議員の選挙や、ここ滋賀県甲賀市の市議会議員の選挙も重なり

世間は何かとあわただしくなると予想はしていましたが、

それに加えて超大型で強い風雨をもたらす台風21号に見舞われ、

その影響からかカラッとして広く澄み渡った秋晴れの日も少なかったのです。

にもかかわらず、たくさんの人々にご来店いただき心からお礼申し上げます。

信楽焼という産業の中で、技・と 用・と 美などを求め

日々研鑽努力しておられる作家の人々とともに店主として

深く感謝いたします。有難うございました。

有楽は、今日からまた平常通り営業いたします。

店内の品々もよく吟味し充実させていきます。

秋の信楽に来られましたら是非お立ち寄りください。

今は野菊が美しく咲いています。

 

171031B(野菊)

作品展のご案内

2017年10月13日 更新

171015D

 

171015C

 

171015E

 

どこかに秋の深まりを感じる毎日です。

何といっても朝と昼、昨日と今日の寒暖の差が激しく、

常に羽織れるものを一枚用意していないと安心して快適に過ごすことが出来ません。

この気温の毎日に草も木も花も実も含すべて秋の風景を演出しています。

と言うより冬への準備を進めているのでしょうか。

あれほど群れを成して藤袴の花に寄り添ってひらひらしていたアサギマダラは

すっかり姿を見せなくなりました。

七日間ほどの出来事でした。

垣根のきんもくせいも独特の香りを放ってだれかれとなく癒してくれます。

有楽では、30日(月)まで作品展を開催しています。

秋を見つけることも含めお出かけ下さい。

お待ちしています。

171015B

(せんぶり)

信楽焼 第30回 有楽・作品展

2017年09月28日 更新

 

171001C

 

夕方の散歩のとき、ふと気が付くと田んぼのあぜ道に

真っ赤なじゅうたんを敷き詰めたような彼岸花が咲いて、

秋のお彼岸と言う時を知らせてくれました。

そばでごく小さいかわいらしい野菊も秋を添えて絵にでもしたい気持ちになりました。

少しずつですが日暮れが早くなり、気せわしく、

自然の変化にも気づかずにいたのだと思いました。

日暮れ時の風の涼しさがとても心地よく、

空気が凛と澄み渡り秋の夜はお月さまの美しさも格別。

美しい中秋の到来です。

アサギマダラかなと思う蝶も藤袴の花の周りをゆっくりと優雅に飛んでいます。

 

10月14日(土)から信楽で活躍中の作家の新作品展です。

是非ぜひお運びください。お待ちしています。

 

171001A

作品展が始まりました

2017年04月28日 更新

170501A

 

170501C

 

170501D

 

満開になれば桜の下を散歩しようと思って、近くの川岸の桜をいつも眺めていました。

そして、今だと思う日が来て、明日と決めていましたら

花時雨というのか夜半の雨で、すっかりその姿を変えられていました。

三日見ぬ間の桜かなと言われた言葉を、うまくいったものだとなぜか感心しています。

昨今の私は、何かにつけて明日にしようと思って仕事を先に延ばしていたので、

自然からの厳しいお叱りを受けたのだと反省しています。

5月8日まで若手作家の作品展を行っています。

山にみつばつつじが美しく咲き、山のすそ野を飾っています。

お出かけ下さい。お待ちしています。

 

170501F

(白花ヤマブキ)

ギャラリー有楽 信楽陶 若手作家作品展

2017年04月15日 更新

170415A

170415B

ようやく暖かくなって、体だけでなく心も軽やかになる季節

別れの季節でもあり、出会いの季節でもある。

 今の時代に生きる自らの軸を持ち、いろいろな変化に応じられる知恵、

ぶれない心、年齢に応じて社会にかかわっていくことなど

心がけなければと思っています。

時は刻々と刻まれていて、はる、はる、春、

木も草も一斉に花を咲かせています。

雑草と言えども、名のない草はないとお聞きしました。

SONY DSC

(椿)

信楽焼 第29回有楽・作品展

2016年10月15日 更新

この写真は本日から始まっている作品展の作品の一部です。

それらの作品は、認めてもらおうと誇張しているもの、

黙って誇らしげにしているもの、恥ずかしそうにしているもの、

静かにして品位を保っているもの、これぞ信楽焼と胸を張っているもの、

等々と言葉なく語りかけているように思うのは私だけでしょうか。

でもまた、人にもお好みがあり、それぞれ様々ですので

手で触れてよくよく見て頂きたいと思っています。

そんな意味ではどの作品も力作ぞろいです。

 

第29回有楽・作品展

 

第29回有楽・作品展
第29回有楽・作品展

暑くもなく、寒くもなく過ごしやすい毎日です。

雨の日も晴れの日もそれなりにお忙しいと思いますが、

是非お出かけ下さい。そしてご指導ください。

お待ちいたしております。

第29回有楽・作品展
(センブリ)

営業のご案内

【営業時間】
3~10月 9:30~18:00
11~2月 9:30~17:00
【休日】
不定休(カレンダーを参照)
【アクセス】
新名神高速道路信楽ICより車で約2分。
信楽高原鐡道雲井駅より徒歩5分。帝産バス雲井駅停留所より徒歩5分。
アクセス地図>>
【駐車場】
有り

お問い合わせ

皆様のご来店をお待ちしております。

お問い合わせはこちら|0748-83-0759

受付時間/営業時間と同じ