ギャラリー有楽【信楽】

有楽だより

作品紹介 杉本 貞光作 『蹲壷』

2019年03月15日 更新

杉本 貞光(すぎもと さだみつ)氏の作品を紹介します。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

一雨ごとに気温が上がり、その温かさで寒さに張り詰めていた気持ちや

身体を楽にしてくれるような気がいたします。

またその湿った風に誘われてか雪柳やこでまり、

草ではばいも、水仙などが生き生きとしています。

暑さ寒さも彼岸までの言葉通り。

仏教徒の多い信楽では、仏壇、仏器、お墓のお掃除にと

忙しくしている人が多いようです。

「国民の祝日に関する法律」によりますと、

春分の日は自然を讃え、生き物を慈しむとなっており、

私たちの知る範囲では昼と夜の長さが大体同じで、

しかも太陽は真東から上がって真西に沈むということでしょうか。

何もかも常に活動しているのだと感心させられます。

椿などのお花の蜜を吸ったり、苔の新芽をついばんだりと

小鳥がたくさん飛び交って春らしく演出をしています。

のんびりした風景をのんびりと眺めていられる幸せを

時折かみしめています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(ふきのとう)

作品紹介 古谷 和也作 『蹲壷』

2019年03月04日 更新

古谷 和也(ふるたに かずや)氏の作品を紹介します。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

寒さも心なしか緩み、一雨ごとに春の息吹が立ち込めているように感じます。

3月は旧暦で弥生『いよいよ生い茂る』の意味があるそうです。

陽気がよくなる…なんて言いますがその通り。

冬の間中、居座っていた寒くてどこか暗い気と、入れ替わったように、

朗らかな陽の気が増すように感じる、それが春では。

そんな気分にしてくれる春の陽気はいろいろな愉しみなことを運んできてくれる。

庭ではまんさく、みつまた、くろもじ、みずき、きぶし、れんぎょう、

どれもこれも黄色の花を少し見せて、

満開になれる時を待っているようです。

ふきのとうも、よもぎも顔を出しました。

3月9日はサンキュウの日だそうです。

小さなことにも、すべての今にも感謝し、有難うの気持ちで過ごしたいものです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(つばき)

作品紹介 石山 哲也作 『象嵌泥彩花入れ』

2019年02月15日 更新

石山 哲也(いしやま てつや)氏の作品を紹介します。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

あと4日で19日は24節気の一つ「雨水」。

雪や氷が雨になり、根雪が溶け湿地や小川のせせらぎになるという。

春めいた気候に変化を見せる頃のこと。

私の周りの草や木も、その先にいっぱいの水分を含んだ新しい芽が膨らみ、

固く閉じていたような自然もほっこりし始めたように思います。

「一月は行く」「二月は逃げる」「三月は去る」

なんてただ言葉の遊びのように思っていたころもあったのですが、

自然は行きつ戻りつはしながらも感覚としてはとても早く、

それでいて、じっくりゆっくり春になっているのです。

肌で感じる毎日の寒さは例年と比べようがないのですが、

今年は例年のように分厚い氷も張らず高い霜柱も上がらず、

積雪もなく、今日まで不便なく過ごせたことを嬉しく、ありがたく感じています。

椿の花はそれぞれ色美しく、たくさん咲いています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(つばき)

作品紹介 古谷 和也作 『蹲壷』

2019年01月31日 更新

古谷 和也(ふるたに かずや)氏の作品を紹介します。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

今年の干支は己亥(つちのとい)だそうです。

猪の肉は栄養価が高く、万病を防ぐといわれ、

風水でも無病息災の象徴とされ、目標に向かって猛進していく人を助ける

「火の神の化身」とされているとか。

自分の立てた目当てに向かって進むとともに、

この一年を健やかに過ごせますように願っています。

信楽にも牡丹鍋を主としたお料理屋さんがあります。

食すためうかがってみたいと楽しみにしています。

寒い寒い毎日でしたが、今年は雪が全く降らず

大寒を過ぎた27日、雪起こしの風も吹かず静かに、

道路までは積もりませんでしたが、庭の木々には粉砂糖をたくさん振りかけたような

粉雪が降って冬の風情を楽しませてくれました。

大寒そして立春と、季節が忙しくめぐる時期です。

少しずつ陽の光に強さが増してきたように感じますが。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(つばき)

作品紹介 中村 周平作 『白い器』

2019年01月15日 更新

中村 周平(なかむら しゅうへい)氏の作品を紹介します。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

気持ちを新たに迎えた新年

七草がゆもいただき早十五日正月を迎えました。

一年の邪気を払うためにと十五日の朝、小豆粥をいただきました。

小ころばあちゃんの背中で暖かい綿入れのはんてんに

包まれながら聞いていたこんな歌を思い出します。

「正月三日なにうれし、雪より白いまま食べて、

割木のようなととそえて、おこたにもたれてねんねこしょう」と

私は昭和に生まれ、明治、大正生まれの人々の愛の中で育てられ、

昭和、平成を生きてきました。

自分の身辺社会のなに一つとっても大きな大きな変化に驚きを禁じえません。

ことばを持たない庭の木々なども自然の移り変わりや吹く風から

何か変化を感じているのでしょうか。

今は静かに何の変化もない様子をして芽吹く春を待っているようです。

こぶしの冬芽だけがふわふわのやわらかい毛に包まれ、

ずいぶん大きく膨らんでいます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(つばき)

新年のご挨拶

2019年01月01日 更新

190101C

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

作品紹介 西尾 陶山作 『壷』

2018年12月14日 更新

西尾 陶山(にしお とうざん)氏の作品を紹介します。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

「師走と言うのにあたたこうございますね。」

「少し冬らしくなりましたが、やはり今年は暖冬なんでしょうか。」

「お寒うございますが、でも例年よりは過ごしやすいですね。」

と言う挨拶を毎日繰り返してきましたが、けさ(11日)はまっ白に霜が降りて

かじかむ指に吐く息も白く見え、冬本番の寒さが身にしみました。

紅葉した葉を惜しむように残していた木々もすっかり葉を落とし、

日当たりを望む冬樹に姿が変わりました。

今年は観測史上初めてとよく耳にしました。

最強寒波、酷暑などの異常気象や、台風・地震の天災に

日本列島が苦労した一年のように感じます。

この様な自然災害に合われた各地の復興が一日も早く進むことを願うばかりです。

今年も残すところわずか。

「平成最後」の年の瀬です。

お世話になった人たちに感謝し、皆々様によい年が訪れますよう心よりお願いしています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(つばき)

作品紹介 加藤 肇作 『焼き締め壷』

2018年12月01日 更新

加藤 肇(かとう はじむ)氏の作品を紹介します。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

暖かい部屋から出て外仕事をするのがおっくうになるような寒い毎日。

過ぎた夏は猛暑だったことなんてすっかり忘れたのは私だけでしょうか。

朝晩が冷え込んで一日の気温の変化が激しいと言っていたのに、

いつの間にか寒くてひだまりや暖を求めているなんて。

でも、はや師走。

師走と言う言葉を聞くと、木枯らしやイルミネーションが街を包み、

幻想的な雰囲気が私たちを楽しくしてくれる、

そんな情景を思い浮かべます。

日没が早く、長い長い夜の時間、別世界にいるかのように浮かれて過ごし、

みんなの心に活気がわき、自然と経済等の効果も得られるという

誰かの意図した波に乗せられているというのでしょうか。

我が家の庭はまだ紅葉が美しく、

落ちた色とりどりの葉もまた風情と思い自然のままにしています。

真っ白い侘助つばきがたくさん咲いています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(せんりょう)

作品紹介 谷 穹作 『大壷』

2018年11月15日 更新

谷 穹(たに きゅう)氏の作品を紹介します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

テレビを聞きながら台所で仕事をしていると、立冬なのに冬は遠い感じです。

とアナウンスしていたのは先日のこと。

でも北のほうでは初雪の知らせも。

信楽では朝夕は気温が低く、暖房が無くては落ち着きませんが、

日中は仕事に励むには快適な毎日で嬉しいです。

けれど夏の異常な暑さを経験したすぐ後なので、

マフラーやコートの出番のないのが心配にもなるのです。

『列島の広い範囲でエルニーニョ現象の影響で暖冬も見込まれる』

と聞いたことがありますが。

目にも美しい紅葉の木々の間から澄んだ青空がのぞける日和続き。

庭の草木はこれから咲くつぼみを育て、

来年咲く花の種を地面にちりばめ、

不要になった葉や茎を枯れ草に変え、

夏に咲きほこった後始末をして、

冬に向けての準備を始めています。

お正月と言うにはずいぶん早いのですが、

十両、千両、万両の実が赤く色づいています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(しろなんてん)

作品紹介 伊藤 昭人作 『柿釉高杯皿』

2018年10月31日 更新

伊藤 昭人(いとう あきと)氏の作品を紹介します。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

朝夕はすっかり冷え込むようになりました。

信楽の各家庭では急いで毛布やこたつの準備をしたり、

エアコンを暖房に切り替えたり、ストーブの用意をしたり、

家の中はいつの間にか少しずつ冬設えになっています。

裏庭では今まで青かった沢山の柚子の実が黄に色を移し、

木々の紅葉も美しく、落ち葉の清掃も日ごとに忙しくなっています。

柿、栗、無花果、芋類やきのこ類など実りの秋を迎え、

お米に続いて山のもの、野のもの、里のもののいずれも

豊かな収穫をもたらしてくれているようです。

記録的な猛暑だった今年の夏、大型の台風、

これに続いてやってくる冬はどうなるのかと少々不安です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

作品紹介 高橋 楽斉作 『耳付花入れ』

2018年10月15日 更新

高橋 楽斉(たかはし らくさい)氏の作品を紹介します。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

庭のどうだんつつじの刈込が緑色から黄へとすこしづつ変わり始め、

私たちの目を楽しませてくれています。

季節の深まりとともに、木々の葉の色も変化し、

いよいよ秋本番かなと思います。

信楽では台風21・24・25号が派手な振る舞いで通り抜け、

やっとそれらしい日常に戻ったような気がいたします。

水分を十分得たのか、すすきやセイタカアワダチソウやヒヨドリ草が

野原一面に咲き、わさわさと風と共に揺れています。

秋と言えば紅葉とか、夕焼けの色を思い浮かべますが、

古代中国の説に、春は青、夏は赤、土用は黄、

秋は白、冬は黒とされていたのを思い出します。

秋が白なんて少し意外だったのですが、

空気の澄んだ秋晴れのように、交じりっけなく清らかにということでしょうか。

今は、きんもくせいの香りが家々の垣根から匂っています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(ほととぎす)

作品紹介 杉本 勇作 『焼き締め蹲』

2018年10月01日 更新

杉本 祐(すぎもと ゆう)氏の作品を紹介します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

有楽を愛して下さるたくさんの人々のお力添えをいただいて、

昨秋は信楽焼・第30回有楽作品展を開きました。

30回を一つの区切りとして今年は取りやめ、

私が勉強をするときとしていただき、

来春は新しい企画で再び出発したいと考えています。

新しく計画がまとまりましたら皆様にご案内申し上げます。

とは申しましても今日も常設の店には新しい作品も並べまして、

皆様のご来店をお待ちしております。

 

暑かった夏から一転、ぐずついたお天気続きで

「田んぼがぬかるんで稲刈り機が動かない」とかお聞きしていましたが、

今では稲刈りもすっかり終わり、あぜ道には驚くほど鮮やかな

赤い彼岸花があちこちで群れを成して咲いています。

庭には萩の花や藤袴が美しく咲き乱れ、

今年もアサキマダラかなと思う蝶がたくさんの仲間と

藤袴の花を訪ねてくれました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(ふじばかま)

営業のご案内

【営業時間】
3~10月 9:30~18:00
11~2月 9:30~17:00
【休日】
不定休(カレンダーを参照)
【アクセス】
新名神高速道路信楽ICより車で約2分。
信楽高原鐡道雲井駅より徒歩5分。帝産バス雲井駅停留所より徒歩5分。
アクセス地図>>
【駐車場】
有り

お問い合わせ

皆様のご来店をお待ちしております。

お問い合わせはこちら|0748-83-0759

受付時間/営業時間と同じ