ギャラリー有楽【信楽】

有楽だより

作品紹介 鈴木 大弓作 『花入れ』

2019年07月15日 更新

鈴木 大弓(すずき ひろゆみ)氏の作品を紹介します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

梅雨と言えば当然ですが、湿気の多いはっきりしないお天気が続いています。

周りの自然はたっぷりの水分を得てのびのびとして過ごしているようで、

生き物もぶんぶん、こつこつと邪魔されることなく、

自分の仕事に精を出しているように見えます。

木立の間を吹き抜けるそよ風が青田風となって、

伸びた稲穂を揺らしています。

豊かな自然が私たちの目を楽しませ、心を豊かにしてくれると同時に、

無数の命をはぐくみ多くの実りを与えてくれるのだと感謝しています。

自らもその自然の一部として、草引きや木の枝の整えなどを暇を見てやっています。

示し合わせたように一緒に咲くと思っていた野の花

(とらのお、ほたるぶくろ、もじずり、なでしこ、のばら、むらさきつゆくさ、

どくだみ)などの遅咲きの花がいまあちこちで遠慮がちに美しく咲いて、

より一層愛でられているようです。

夏の日の長さを上手に生かして、いい時間をうまく利用すること。

そんな季節に寄り添うような生活が夏の日々を

楽しく過ごすヒントになるかもね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(あじさい)

作品紹介 古谷 和也作 『木の葉皿』

2019年07月01日 更新

古谷 和也(ふるたに かずや)氏の作品を紹介します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

梅雨入りと言う言葉を聞いたばかりなのに、

遠くで熱帯性低気圧が台風に変わるかもとか・・・

晴れた日でも湿気を含んだ風が頬をなで、

野原を駆け回っているような気がします。

この気まぐれなお天気に合わせながら掃除、洗濯、

買い物、草引きなど忙しく過ごしています。

でも早文月(ふづき)一年の半分が過ぎ、

後半に入ってしまったのですよね。

日中が長い毎日、あわただしく過ごすよりは

ゆったりと、流れる時を大切に。

そんな暮らし方の中に夏の楽しみがあるのではと。

今朝、庭の苔の上に夏椿の真っ白い花が六個落ちていました。

一日花ですが花が咲いたのも気づかずにいたこと以上に

緑が濃く美しい苔に気持ちがのりました。

よく見るとなおなお美しく、小さな自然を見るような、

時が止まっているような感覚になり驚きました。

どこにいるのかホトトギスのさえずり「テッペンカケタカ」を

今年初めて聞きました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(あじさい)

作品紹介 神崎 継春作 『信楽耳付花入れ』

2019年06月15日 更新

神崎 継春(かんざき つぐはる)氏の作品を紹介します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

六月と言えば梅雨でジメジメ、なんだか気持ちも滅入りそうな季節と言うイメージですが、

ここ一週間もしっとりとした空気をはらんだ

すっきりとしないお天気が続いています。

でも植物にとっては恵みの雨。

天からの潤いをいっぱいに受け美しさを誇る紫陽花が

その花の大きさと色を競いながら所狭しと咲いています。

その片隅にとらの尾やドクダミがまっ白の花を咲かせ

清楚な感じを出しています。

田植えしたばかりはひょろりと頼りなかった苗も

すくすくと育ち、たくましく伸びています。

今は一年で一番昼が長い夏至(22日)の候、

季節はいつも早足に過ぎていきますが

夏の訪れを予感させてくれる厳しい光も時折さしてきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(とらのお)

作品紹介 澤 克典作 『信楽壷』

2019年05月31日 更新

澤 克典(さわ かつのり)氏の作品を紹介します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

山・里ともに新緑が眩しく感じられます。

田植えや茶摘み、淡竹の収穫、山椒の実摘み、ふきとり、

蕨採りと忙しく。

自然とともに生きていることが実感できる季節です。

『八十八夜の別れ霜』と言われていますが

信楽はこの言葉より一週間遅れで昔から本格的に

農作業に取り掛かる目安の日になっているそうです。

家の周りの田んぼの植え付けがほとんど終わり、

夜などはかえるの合唱でにぎやかですが、

加えて、植え付けられた田んぼの水面に各家の灯りが映り、

倍増したにぎやかな街を作り出しています。

庭には、スズラン、ギボウシ、アザミ、野ばらが咲き、

燕も巣作りのためその条件に適ったところを探しているのか、

同じところを幾度となく飛び交っています。

今日から衣更えですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(せんだいはぎ)

作品紹介 谷 穹作 『蹲花入れ』

2019年05月14日 更新

谷 穹(たに きゅう)氏の作品を紹介します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

連休中、道路事情の悪い中有楽の作品展に

沢山の人々のご来店をいただきありがとうございました。

ご支援に感謝申し上げます。

これからも信楽で活躍中の作家と「信楽焼の今」を

発表し続けたいと思っています。

平成から令和へ新たな幕が開いた今、

急に世の中が変動するわけでもなく、

未来に託した願いが凝縮されているとはいえ、

元号とは何なのかを考えながら・・・

5月の初めに立夏を迎え、光はもう夏の気配、

今は緑、緑、緑みどりといういろいろな緑色の自然に囲まれて

ゆったりと健やかに過ごしています。

庭にはみやこわすれ、よめな、あやめ、おだまき、

しらん、せんだいはぎ、こめうつぎ、えびねらん、など

静かに花を開き居場所を確保しています。

おがたまの木に咲く白い花が芳香を放って目立っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(こめうつぎ)

作品紹介 古谷 和也作 『信楽混成角花入』

2019年04月26日 更新

古谷 和也(ふるたに かずや)氏の作品を紹介します。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

三十一年と言う歳月を駆け抜けたように感じる平成。

いよいよ五月から新しい年号、令和が始まります。

平穏に日々が過ぎる良い時代になりますように。

節目を迎えることで自分の気持ちも一新、

これを機に何か新しいことをと思うのですが。

有楽も4月24日から『信楽焼の今』と言うテーマで作品展を行っていて、

沢山の方々にご覧いただいています。

その準備で忙しく過ごしている間にすっかり葉桜になり、

山が近く感じるほど白く咲いていたタムシバも散ったようで、

濃い緑一色になって、その隙間に山つつじが華やかな色で

絵でもかくように咲き、目を楽しませてくれています。

庭にはコブシ、リキュウバイ、ドウダンツツジ、ハナモモといつの間にか満開

草むらでは、スイセン、アマドコロ、ナルコユリ、ホウチャクソウ、

オダマキ、シャガも咲いています。

作品展は5月7日まで開催しています。

是非お立ち寄りください。お待ちしています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(ぼけ)

作品紹介 谷 穹作 『三角花入れ』

2019年04月15日 更新

谷 穹(たに きゅう)氏の作品を紹介します。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

20190415春

 

桜前線は今日はどのあたりでしょうか。

不意に寒さが戻ると一日か二日は足踏みをするようです。

信楽も三分咲き、五分咲きと不ぞろい。

でも山すそを美しくピンク色に染めています。

桜だって気温だけでなく咲く時期、花の色、花びらの数も

いろいろ違うのだそうです。

桜の個性ですね。

有楽では4月24日(水)から2019年の作品展を行います。

有楽が選んだ旬の作家の作品の展示即売です。

春の自然を満喫しながら有楽にお運びください。

お待ちしています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(つばき)

作品紹介 高橋 美子作 『花入れ』

2019年04月01日 更新

高橋 美子(たかはし よしこ)氏の作品を紹介します。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

続々と桜の開花のニュースが伝えられているというのに

信楽の桜はまだつぼみが固く、

この冷たい風がやさしく感じるようになるまでには

もう少し時間がかかりそうです。

でもはや「卯月」

四月は別れあり、出会いありの人生の節目となる人も多いのではと思います。

新学期、新社会人、新入社員、新緑と、

今は「新」の付く物事が多く希望に心弾ませる時です。

いつかやろう、そのうちにやろうと思っていたことを

始めるのもうってつけの季節かもね。

庭では金水引、ほととぎす、ふじばかま、はぎ、ひおうぎ、

野菊などの野草が顔を出し、

私の思っている雑草と仲良く緑を競っています。

五色散り椿と言う名の椿の花が今満開です。

花弁を一枚一枚ハラハラと散らせています。

これが公開される日は元号が新しくなる日です。

平和で健やかな日が続くことを祈るのみです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(つばき)

作品紹介 杉本 貞光作 『蹲壷』

2019年03月15日 更新

杉本 貞光(すぎもと さだみつ)氏の作品を紹介します。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

一雨ごとに気温が上がり、その温かさで寒さに張り詰めていた気持ちや

身体を楽にしてくれるような気がいたします。

またその湿った風に誘われてか雪柳やこでまり、

草ではばいも、水仙などが生き生きとしています。

暑さ寒さも彼岸までの言葉通り。

仏教徒の多い信楽では、仏壇、仏器、お墓のお掃除にと

忙しくしている人が多いようです。

「国民の祝日に関する法律」によりますと、

春分の日は自然を讃え、生き物を慈しむとなっており、

私たちの知る範囲では昼と夜の長さが大体同じで、

しかも太陽は真東から上がって真西に沈むということでしょうか。

何もかも常に活動しているのだと感心させられます。

椿などのお花の蜜を吸ったり、苔の新芽をついばんだりと

小鳥がたくさん飛び交って春らしく演出をしています。

のんびりした風景をのんびりと眺めていられる幸せを

時折かみしめています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(ふきのとう)

作品紹介 古谷 和也作 『蹲壷』

2019年03月04日 更新

古谷 和也(ふるたに かずや)氏の作品を紹介します。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

寒さも心なしか緩み、一雨ごとに春の息吹が立ち込めているように感じます。

3月は旧暦で弥生『いよいよ生い茂る』の意味があるそうです。

陽気がよくなる…なんて言いますがその通り。

冬の間中、居座っていた寒くてどこか暗い気と、入れ替わったように、

朗らかな陽の気が増すように感じる、それが春では。

そんな気分にしてくれる春の陽気はいろいろな愉しみなことを運んできてくれる。

庭ではまんさく、みつまた、くろもじ、みずき、きぶし、れんぎょう、

どれもこれも黄色の花を少し見せて、

満開になれる時を待っているようです。

ふきのとうも、よもぎも顔を出しました。

3月9日はサンキュウの日だそうです。

小さなことにも、すべての今にも感謝し、有難うの気持ちで過ごしたいものです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(つばき)

作品紹介 石山 哲也作 『象嵌泥彩花入れ』

2019年02月15日 更新

石山 哲也(いしやま てつや)氏の作品を紹介します。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

あと4日で19日は24節気の一つ「雨水」。

雪や氷が雨になり、根雪が溶け湿地や小川のせせらぎになるという。

春めいた気候に変化を見せる頃のこと。

私の周りの草や木も、その先にいっぱいの水分を含んだ新しい芽が膨らみ、

固く閉じていたような自然もほっこりし始めたように思います。

「一月は行く」「二月は逃げる」「三月は去る」

なんてただ言葉の遊びのように思っていたころもあったのですが、

自然は行きつ戻りつはしながらも感覚としてはとても早く、

それでいて、じっくりゆっくり春になっているのです。

肌で感じる毎日の寒さは例年と比べようがないのですが、

今年は例年のように分厚い氷も張らず高い霜柱も上がらず、

積雪もなく、今日まで不便なく過ごせたことを嬉しく、ありがたく感じています。

椿の花はそれぞれ色美しく、たくさん咲いています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(つばき)

作品紹介 古谷 和也作 『蹲壷』

2019年01月31日 更新

古谷 和也(ふるたに かずや)氏の作品を紹介します。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

今年の干支は己亥(つちのとい)だそうです。

猪の肉は栄養価が高く、万病を防ぐといわれ、

風水でも無病息災の象徴とされ、目標に向かって猛進していく人を助ける

「火の神の化身」とされているとか。

自分の立てた目当てに向かって進むとともに、

この一年を健やかに過ごせますように願っています。

信楽にも牡丹鍋を主としたお料理屋さんがあります。

食すためうかがってみたいと楽しみにしています。

寒い寒い毎日でしたが、今年は雪が全く降らず

大寒を過ぎた27日、雪起こしの風も吹かず静かに、

道路までは積もりませんでしたが、庭の木々には粉砂糖をたくさん振りかけたような

粉雪が降って冬の風情を楽しませてくれました。

大寒そして立春と、季節が忙しくめぐる時期です。

少しずつ陽の光に強さが増してきたように感じますが。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(つばき)

営業のご案内

【営業時間】
3~10月 9:30~18:00
11~2月 9:30~17:00
【休日】
不定休(カレンダーを参照)
【アクセス】
新名神高速道路信楽ICより車で約2分。
信楽高原鐡道雲井駅より徒歩5分。帝産バス雲井駅停留所より徒歩5分。
アクセス地図>>
【駐車場】
有り

お問い合わせ

皆様のご来店をお待ちしております。

お問い合わせはこちら|0748-83-0759

受付時間/営業時間と同じ