ギャラリー有楽【信楽】

有楽だより

作品紹介 上田 直方作 『花入れ』

2023年12月01日 更新

上田 直方(うえだ なおかた)氏の作品を紹介します。

231201A

 

気がつけば今年もあと少し

なぜか心せわしい年の瀬を迎えています。

例年なら庭の落ち葉の片付けも済み、

新年を祝う干支の信楽焼の置物が町内のあちこちで見られ、

吹く風ももっともっと冷たく肌で感じていましたが。

今年はそのあたりがゆっくりと流れているように思います。

信楽では日ごとに気温が低くなるのに従って

紅葉も一層色鮮やかになり師走というのに

まだ美しい紅葉の世界に包まれています。

私が片付け仕事に思っている木の葉ですが、

苔に散り敷く黄や紅色にも何とも言えない自然の美しさは宿るので

逆にゆっくりと楽しみたいと思うほどです。

13日は「正月事始め」と言って

お正月の準備に取り掛かる日とされているようですが。

「隅々まで掃除が行き届いた家には

福がたくさん訪れるといわれていますよ」って

懐かしい母の声が聞こえてくるような気がします。

 

231201B

(のぎく)

作品紹介 伊藤 昭人作 『角皿』

2023年11月14日 更新

伊藤 昭人(いとう あきと)氏の作品を紹介します。

231115A

 

垣根などに組み込んで植えられている山茶花の花が

美しく咲き始めました。

その仲間であるお茶の木の花も

今年は特に白く美しく咲いています。

風はそんなに冷たく感じないのになぜか初冬の訪れを感じます。

柚子の実もすっかり黄色になり今年は不作と言われていたのに

こんなに多くの実がと驚くほどです。

庭の木々の間から白、赤のハッとする色が見え隠れして

よく見ると早くも椿の花が咲いているのです。

我が家の紅葉は真っ最中なのですが。

夏から今までの気温が例年と少し違ったこともあって

冬を迎えるための屋外の仕事がいろいろと忙しく続いています。

これからますます日が短くなります。

季節を感じながら朝を大切に過ごすことが

いい一日の始まりになるのかなと思っています。

苔の中にはセンブリの花が咲いています。

 

231115B

(のぎく)

作品紹介 髙橋 美子作 『花入れ』

2023年11月03日 更新

髙橋 美子(たかはし よしこ)氏の作品を紹介します。

231101A

 

今日から霜月

信楽の朝は四日続けての濃い霧に包まれ、

乳白色のもやの中でひとり、極しばらくの間ですが

自然の不思議を感じています。

そして日の光が差し込んでくると

両手を広げて深呼吸をしたくなるような青い広い空が広がり、

それだけで秋というさわやかな空気です。

秋の空と人の心と言われるような著しい変化が今年特に顕著で、

急に雲に覆われたり、晴れの予報だったのに雨が降ったり、

晴れたり、遠くでの雷など。

室内では朝夕だけでなく日中でも暖房が恋しい毎日で、

道行く人々の装いも冬のような暖かい服装をしている人、

軽装の人とまちまちです。

山や庭の紅葉は始まったばかりで

刈り込まれていたつつじなどが外側の葉だけ美しい色に変わり、

大小の輪を描いていつもと違う雰囲気を作っています。

隅の方ではいろいろの菊の花が咲き乱れています。

 

231101B

(ほとどぎす)

作品紹介 神崎 継春作 『壷』

2023年10月15日 更新

神崎 継春(かんざき つぐはる)氏の作品を紹介します。

231015A

 

空気が澄み朝夕の冷え冷えとしたその風を全身で感じています。

冬の前に秋があるのは人や動物にとって

冬への備えに最適だと思っていました。

今年は気持ちの準備もできないうちに夏からすぐ冬のような低温になり、

すべての物事に少し戸惑っている様子です。

八日は「寒露」

本格的な寒さはまだまだ先。

信楽では最低気温十度を下回る記録を出しましたが

紅葉もまだ、周辺では野菊、コスモス、彼岸花、ヒヨドリ草、

セイタカアワダチソウ、すすきなどが野山を飾っています。

「食欲の秋」「スポーツの秋」「芸術の秋」

「読書の秋」と言われる快適な季節。

ことばとともに気持ちも踊ってしまいそうです。

それより最近当地でも広告などでハロウィンという文字をよく見ます。

ハロウィンってブリテン諸島の古代ケルト人にとってのこと。

十月三十一日は一年の終わり、つまり大みそかにあたる日、

そして収穫祭でもある。

共に日本の「お盆」のように先祖の霊が返ってくる日。

その先祖と一緒に悪霊もやってくると信じられていて、

お花を飾ったり、魔女に扮装して

「私も悪霊だよ」と工夫して悪霊をだまし

自分に乗り移らないようにしたと伝えられている行事のようです。

都会ではバレンタインデーやクリスマスと

同じくらい定着しているとか。

どこからともなく金木犀が香って来ます。

 

231015B

(きぶねぎく)

作品紹介 杉本 祐作 『壺』

2023年10月01日 更新

杉本 祐(すぎもと ゆう)氏の作品を紹介します。

231001A

 

暑かった長かった夏もようやく終わったように思います。

暑さ寒さも彼岸までという言葉

長い年月の事実から実証されたのか、信楽では

彼岸の中日のその夜からあたりの空気が一変して

秋の気配に包まれ昨日までの暑い夏はどこへ消えたのか

と思うほど低い気温でした。

次の日から、空は高く青く、美しく浮かぶうろこ雲

何よりも通り過ぎる風が肌に冷たく、

木々や草花までも涼し気になびいているように思いました。

加えて道行く人びとの姿もすっかり秋の気配

今は一日の気温の差が大きく、

各自の健康管理にもそれぞれ工夫がいるもの。

確実なのは、日ごとに夜の時間が長くなること。

本を読んだり、好きな音楽を聴いたり、

何をするでもなく静かにいい香りの中でリラックスしたり・・・

五感で味わいながら

一年で最も穏やかな時を過ごせるのが今かもしれません。

庭の苔が少し疲れた面をしていますが変わりはなく、

冬に実を付ける草花の実は

形を整えながら色づくのを待っています。

菊の花が咲き始めました。

 

231001B

(しろばなほととぎす)

作品紹介 神崎 秀策作 『大皿』

2023年09月19日 更新

神崎 秀策(かんざき しゅうさく)氏の作品を紹介します。

230915A

 

日暮れが日に日に早くなり美しい夕焼けの夕暮れもすぐ過ぎていきます。

信楽も夏がまだ続いているような暑い日ばかりです。

空の雲の様子が少し変わり模様のようなうろこ雲が

高く広く広がっているのを多く見かけます。

空から秋が忍び寄ってくるのかなと

汗を拭きながら見入っているのですが。

米屋の店先に新米と書かれたのぼりの立つ季節

いくつもいくつ重ねられた人の手間が

お米一粒ひとつぶに込められ、

つやつやの炊き立てのおいしいご飯を

味わうのは今だけの楽しみかもね。

家の周りの田刈りはほぼ終わりましたが

例年より青々としているように感じます。

庭の様子も夏季と変わらないのですが

梅もどきの実が真っ赤に色づきました。

夜も暑さは厳しいんですが虫の音がとても美しく

はっきりしていて涼しさを添えてくれています。

以前から暑さも彼岸までと言いますので

工夫をして涼しく楽しく過ごしたいものです。

 

230915B

(ふじばかま)

作品紹介 古谷 和也作 『掛花入れ』

2023年08月31日 更新

古谷 和也(ふるたに かずや)氏の作品を紹介します。

230901A

 

九月・長月

信楽でもまだ真夏日が続いています。

2・3日前まで私たちの周りにいて

すーすーと飛び回っていたトンボの群れは

すっかり姿を消し、その代わりに通り過ぎる風は

日々に変わって今は木々や木の葉を震わせています。

この暑さはテレビの予報などで知らされている

次々に来る台風の影響だとか。

夜も暑さが厳しいです。

近くで稲刈りが始まりわらのにおいでいっぱいです。

すすきにも穂が出ました。

その昔観賞用だった秋の七草に登場する藤袴には

毎年アサギマダラという蝶が私の庭に訪れます。

今年は花は美しく咲いているんですが

まだ蝶が来ていません。

浅黄斑(あさぎまだら)は地上では優雅に飛びますが、

高く舞い上がり上昇気流に乗って長距離を移動とか。

藤袴の栄養がこの蝶のパワーを支えているようです。

薄い青緑を埋め込んだステンドグラスのような羽をもち

台湾や東南アジアから日本へと

長距離を飛来して現れるようです。

藤袴の周りの草引きをしながら蝶の来るのを待ちたいと思っています。

紫色の段菊が咲いてきました。

 

230901B

(しゅうかいどう)

作品紹介 伊藤 昭人作 『扁壺』

2023年08月15日 更新

伊藤 昭人(いとう あきと)氏の作品を紹介します。

230815A

 

台風7号を気遣いながら見る信楽の空はとても青く、広く、高く

秋を感じずにはいられないほどです。

時々通り過ぎる風もざわざわと木々を震わせ

心地よく感じさせてくれますが、

計測される温度も湿度も例年になく高いもので

身体にもこたえるように思います。

昨年から日本気象協会では

最高気温が40度以上の日は「酷暑日」

夜間最低気温が30度以上の夜は「超熱帯夜」と

発表するとしていましたよね。

周囲の田んぼの稲もよく育ち、

出揃った稲穂をざわざわとなびかせています。

庭ではなぜか木々の葉が落ち、

夕方に打つ水を求めているのかと思っていましたが、

「葉落ち月」が変化して「葉月」にと。

私としても安心いたしました。

花はさるすべり、むくけ゜、たかさごゆり、きくいもの花。

実を付ける植物は出番が来るまでと

それなりの準備をしているようです。

どうぞ台風7号が静かに通り過ぎてくれますようにと祈ります。

「カナカナ・・・」とひぐらしの鳴き声が消えるように聞こえています。

 

230815B

(ゆず)

作品紹介 伊藤 昭人作 『皿』

2023年07月31日 更新

伊藤 昭人(いとう あきと)氏の作品を紹介します。

230801A

 

連日の猛暑とご先祖様のお帰りをお迎えするといわれる

お盆の行事を控えて何か心せわしい毎日が続いています。

夏だから当然なのですが信楽でも真夏はこんなにと

思うほどの厳しい暑さです。

早朝、庭に出てみると木々の間から

みどりの風が静かに流れひんやりとしたという言葉が

ぴったりとする空気が流れています。

と言っても心地よいそよ風も午前九時ぐらいまでで

熱風に変わっていきます。

つい先日刈り込んだばかりの庭の木は

また新しい芽を伸ばし秋の七草にあたる

すすき、ききょう、はぎ、おみなえしが満開。

われもこうやみずひきそうなども

赤、白、金と競うように咲いています。

夕方になるとまだ暑い草原ですが月見草が。

今日から八月葉月

八日が立秋

自然は秋を迎える準備をしっかりと進めているようですよ。

 

230801B

作品紹介 神崎 継春作 『信楽壺』

2023年07月15日 更新

神崎 継春(かんざき つぐはる)氏の作品を紹介します。

230715A

 

「夕立みっか」なんて誰が言ったのか。

そんな言葉あったのか。

午前中は雨の気配なんてない暑い暑い青空が眩しい晴天なのに

午後になると、遠くで雷が聞こえたり、

ぐれぐれと布を返したように晴れとくもりの模様を変え、

また極く狭い場所で雨が降ったりして・・・

今年は七夕も星の見えない夜でした。

でも、短冊に書いたみんなのお願いや希望は伝わったと信じています。

信楽では、22日(土)に愛宕山と併記されている陶器神社の火祭りです。

須恵器の神、天日鉾命(あめのひほこのみこと)を祀り

平安時代創建されたようです。

焼き物の町として火への感謝と安全を願って、

町内の人々が皆こぞって大きい松明(たいまつ)を作り

それを担いで夜、愛宕山へ登る。

山道を登っていくのがとても美しく、

松明の炎で街を彩る様こそはまさに信楽といいたい風景です。

庭ではもう、われもこう、ききょう、なでしこが咲いています。

でも暑い夏の日ですのにね。

子どもの頃に比べるとぐんと暑さ厳しくなっているように思います。

自然と共にたくましく、しなやかに生活したいと思っているのですが。

 

230715B

(あじさい)

作品紹介 鈴木 大弓作 『花入れ』

2023年07月01日 更新

鈴木 大弓(すずき ひろゆみ)氏の作品を紹介します。

230701A

 

真夏の蒸し暑さ、それでいて静かにしとしとと雨が降るかと思うと

ギラギラと日が照り生暖かい風が通り過ぎる。

遠く近くで雷が鳴る。

山一つ越えた県では竜巻注意報が報じられる。

信楽では梅雨期さ中の生活環境そのものです。

他地域では線状降水帯の多発など、

以前と比べて雨の降り方が激しく雨量も増えているとか。

急に状況が変わる豪雨に対し私も常から

その備えをと思ってはいるのですが。

でもこの降雨に洗われた緑色の美しい葉の間から

まっ白な夏椿がいまたくさん美しく凛と咲いています。

雨が小降りになるとどこからか冷風とともに

くちなしの花の香りが小さな傘の中にも入ってきます。

今日から文月

一年の折り返しに差し掛かりました。

元気でいられればとそれだけを願って

ぼーっとしていた記憶しかないのが悔やまれます。

草の中にもじずり(ねじばな)が

小さくてもしっかりして主張するように咲いています。

 

230701B

(なつつばき)

作品紹介 荒川 智作 『鎬花入れ』

2023年06月14日 更新

荒川 智(あらかわ さとし)氏の作品を紹介します。

230614A

 

今年はエルニーニョ現象が発生しましたとか。

上空に寒気があります。

大気が不安定、雷雨があるかも、

湿度が多くじめじめむしむしするでしょう。と

お天気を心配しながらの生活になっているのですが。

紫香楽では毎日ですが青空が見えなくてうっとうしく

梅雨入りしましたというにふさわしい日が続いています。

思い出したようにしとしとと降るこの雨は

植物の成長に欠かせないらしく

庭の苔などはビロードの布を広げたように光り輝き、

傘を差して通り過ぎる私たちを和ませてくれています。

木々も葉が重いほど伸びどっしりとしています。

新芽が出そろい古い葉を落とし十分に水分を与えられた

これが木の本当の姿なんだと思います。

藪の竹も新しい竹は自ら皮をはぎ棄てながら

今は赤白のほたるぶくろの花やおかとらのおの花と

風情ある落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

どくだみ、むらさきつゆくさ、あざみなども沢山咲いています。

21日は夏至、北半球では太陽の位置が最も高くなり

昼間の時間が一番長くなるとか。

いろんなところにあじさいが大きく美しく咲いています。

もうすぐ一年の折り返し点に来てしまいます。

 

230614B

(がくあじさい)

営業のご案内

【営業時間】
3~10月 9:30~18:00
11~2月 9:30~17:00
【休日】
不定休(カレンダーを参照)
【アクセス】
新名神高速道路信楽ICより車で約2分。
信楽高原鐡道雲井駅より徒歩5分。帝産バス雲井駅停留所より徒歩5分。
アクセス地図>>
【駐車場】
有り

お問い合わせ

皆様のご来店をお待ちしております。

お問い合わせはこちら|0748-83-0759

受付時間/営業時間と同じ