ギャラリー有楽【信楽】

有楽だより

作品紹介 澤 克典作 『焼き締め花瓶』

2017年07月14日 更新

澤 克典(さわ かつのり)氏の作品を紹介します。

 

170715A

 

空模様を気にしながら草引きに追われているうちに、

周囲の木々の緑がすっかり色濃くなって、

新芽で近くのように見えていた山々も、今まで通り落ち着いたように思います。

梅雨も後半になったのか瞬時その様子を変え、

真っ青の空からぎらぎらとした光が差し込んでいるかと思えば、

夕立のような大粒の雨、息苦しいほど蒸し暑いかと思えば音もなく降る霧雨。

七夕の夕べもベールをかぶせた様な薄雲に覆われ、

お星さまも天の川も見えませんでした。

せめて子供たちが思い描いて短冊に書いていたいろいろのお願いだけは

どうぞよろしくとお祈りしました。

草むらでは、カキラン、モジズリ、ギボウシ、白糸草、ノカンゾウが

水分をいっぱい含んで満足そうに美しく咲いています。

 

170715B

(なでしこ)

作品紹介 古谷 宣幸作 『天目茶碗』

2017年06月30日 更新

古谷 宣幸(ふるたに のりゆき)氏の作品を紹介します。

 

170701B

 

170701C

 

乾燥で精のない表情をしていた周囲の花々が

いつもと違った顔をしていて、水も滴るなんとやら…

といいますけれど、ほたるぶくろ、おかとらのお、どくだみ、

かわらなでしこ、あざみ、むらさきつゆくさ、すずらんなど

みんなしっとりと素敵

中でもひときわ自己アピールをしている色色の紫陽花は目立っていい感じ

空はどんより白く、湿気をいっぱい含んだ風が重く垂れ、

暑くもなく寒くもなく、それでいてじとっと汗がにじむような日が続いている。

宵は晴れて星が瞬いていても、夜半には雨が降ったのか毎朝木々の葉は濡れている。

私は生えてくる雑草に負けないように、草引きに精を出す毎日である。

 

170701D

 

(あじさい)

作品紹介 荒川 智作 『粉引四方皿』

2017年06月15日 更新

 

170615B

 

関西地方にも梅雨入りが宣言されました。

梅の実が熟す頃と言う語源や、湿度が高いため何にでもカビが生えやすく

「黴雨」ともいわれましたが、今では梅雨になったとか。

雨が続くと外での仕事はできなく、外出を楽しむことも億劫になります。

そんな日は、家の中にある仕事を一気に片付ける。

また、家の中から雨の景色を楽しく見る。

木々やお花にとっては「恵みそのもの」

生き生きとした緑色の植物をじっくりと眺めてみるのも贅沢な時間です。

とはいえ、雨の降らない日が続くかもしれません。

また、寒暖の差が大きい日々が繰り返されるかもしれません。

いずれにしても明るい気持ちで過ごしたいと思っています。

今ホタルブクロが満開です。

 

170615D

(おかとらのお)

作品紹介 谷野 明夫作 『角小皿・呉須絵』

2017年06月01日 更新

谷野 明夫(たにの あきお)氏の作品を紹介します。

 

170601A

 

信楽の山や里の木々に美しい花をつけていた春は遠くへ去り、

今は緑一色の景色になりましたが、山法師だけが遠慮がちに

緑っぽい白い花をたくさん咲かせています。

美しく区画された田んぼは等間隔にきちんと植え付けが終わり、

青々とした苗と満々と張られた水でこれもまた緑色を演出しています。

そして夜になると蛙の合唱もあり、懐かしいような幸せをかみしめ、

無意識に夏は来ぬという歌を口ずさんでしまっています。

今年の夏は一層暑いという予報です。

何か冷気を工夫して乗り越えたいと思っています。

 

170601B

(山法師)

作品紹介 高橋 美子作 『花入れ』

2017年05月11日 更新

高橋 美子(たかはし よしこ)氏の作品を紹介します。

170515A

お天気に恵まれ、たくさんの人にご来店いただき若手作家の作品展を

楽しく終えることが出来ました。

ご支援ご指導有難うございました。

感謝の気持ちでいっぱいです。

忙しく過ごしている間に、葉桜の季節になり、山々の木々も新芽に変わり

山がぐんと迫って近く感じられます。

大正4年、日本から寄贈されたソメイヨシノの返礼として

アメリカから送られたといわれているハナミズキが今はとても美しく咲いています。

常設展は毎日開いています。

お近くへ来られましたらお立ち寄りください。

品揃えをしてお待ちしています。

170515B

(れんげつつじ)

作品展が始まりました

2017年04月28日 更新

170501A

 

170501C

 

170501D

 

満開になれば桜の下を散歩しようと思って、近くの川岸の桜をいつも眺めていました。

そして、今だと思う日が来て、明日と決めていましたら

花時雨というのか夜半の雨で、すっかりその姿を変えられていました。

三日見ぬ間の桜かなと言われた言葉を、うまくいったものだとなぜか感心しています。

昨今の私は、何かにつけて明日にしようと思って仕事を先に延ばしていたので、

自然からの厳しいお叱りを受けたのだと反省しています。

5月8日まで若手作家の作品展を行っています。

山にみつばつつじが美しく咲き、山のすそ野を飾っています。

お出かけ下さい。お待ちしています。

 

170501F

(白花ヤマブキ)

ギャラリー有楽 信楽陶 若手作家作品展

2017年04月15日 更新

170415A

170415B

ようやく暖かくなって、体だけでなく心も軽やかになる季節

別れの季節でもあり、出会いの季節でもある。

 今の時代に生きる自らの軸を持ち、いろいろな変化に応じられる知恵、

ぶれない心、年齢に応じて社会にかかわっていくことなど

心がけなければと思っています。

時は刻々と刻まれていて、はる、はる、春、

木も草も一斉に花を咲かせています。

雑草と言えども、名のない草はないとお聞きしました。

SONY DSC

(椿)

作品紹介 鈴木 大弓作 『花入れ』

2017年04月01日 更新

鈴木 大弓(すずき ひろゆみ)氏の作品を紹介します。

170401A

4月、新しい年度の始まり

 「一雨ごとのあたたかさ」という言葉がぴったりとする毎日が続いています。

寒いとはいえ、寒さもどこか緩んで私たちの日常生活もほんの少しですが

活動しやすくなっています。

当店有楽では、4月27日(木)~5月8日(月)まで

信楽で活躍中の若い作家の作品展を行います。

今、常設の店を開きながらその準備にも力を注いでいます。

標高300メートル前後(地域市民センターで285メートル)という

高原の里信楽の山々も、まんさく、みつまた、みずき、くろもじ、きぶしなど

時が来れば負けずに美しさを発揮しようとしているのか、

やわらかい芽を膨らませています。

どうぞお越しください。

お待ちしています。

170401B

(椿)

作品紹介 神崎 秀策作 『壷』

2017年03月15日 更新

神崎 秀策(かんざき しゅうさく)氏の作品を紹介します。

170315B

弥生晴れ、気持ちもおのずと明るい3月。

でも、でも…

日々の生活そのものが出会いと別れの繰り返しだとはいえ、

卒業、退職、転勤等々のお別れの季節でもあるのです。

それなのになぜか新しい生活に対する不安をよそに、

どこからか湧いてくる勇気や、新しい計画に夢を描いてしまうのも3月なのです。

尚、春を待つ草や木ですが寒暖の差をくぐり抜け、穏やかに素直に成長し、

ささやかなものの中に美しさを増してきています。

そして小さな個として他の成長を妨げることなく精一杯の表情を作っています。

つつましく精進している姿を見習わなければと思うほどです。

170315A

(椿)

作品紹介 大友 辰雄作 『土瓶』

2017年03月01日 更新

大友 辰雄(おおとも たつお)氏の作品を紹介します。

170301A

はるよこい、はやくこい・・・

テレビの天気予報で、低気圧や高気圧の張り出し具合を見ていると、

中学生の時に理科で学習した天気予報図を思い出します。

また、経験から言われたことなのか、『春に三日の晴れなし』とか

風が冷たくても日差しに温かさのある晴れた日には、

ご近所の人たちも一緒に野に山にと、戸外でお手伝いをしたのも

思い出の一つです。

農業も機械化され、人々の生活様式も変わり、家から見える田んぼは

みんなきちんと区画され広々とパッチワークのように美しいものです。

そして、これらも春を待っているように思えます。

170301B

(椿)

作品紹介 鈴木 大弓作 『蹲掛花入れ』

2017年02月15日 更新

鈴木 大弓(すずき ひろゆみ)氏の作品を紹介します。

(寸法:幅12cm×奥行12cm×高さ13cm)

170215C

園芸の仕事をしておられるお客様から、木々に対する寒肥のお話を伺ったので

重い腰を上げましたが、土の中が凍っているのか私の力では無理だと知り

暖かい日まで待つことにしました。

今は如月、きぬさらぎとか。

なお寒くて着物を更に重ね切るという意味から変化してきたとか。

外仕事の代わりに机の上の読み止しの本を読み上げたり、

お友達への手紙の返事を書いたり、机上に置いて気にかけていた仕事を済ませたりと

私の生活にとってゆっくりした気分で時間を使える月になりました。

そして久しぶりに、のんびりとしたうれしい気分になりました。

藪を揺さぶるヒューヒューとなる風の音に肩をすくめながら。

170215A

(椿)

作品紹介 大友 辰雄作 『花入れ』

2017年02月01日 更新

大友 辰雄(おおとも たつお)氏の作品を紹介します。

 

170201A

 

170201B

 

信楽、寒い日が続いています。

中旬に降った雪が、日当たりの悪い場所にまだ残っていて

一層冷え冷えと感じるのかもしれません。

でも節分に続いて立春と言えばどこからか、何か春という感じがしないでもありません。

今年は酉年(ひのととり)と言って、商売繁盛だけでなく、

今まで頑張ってきた成果が実る年になるとのことです。

良い運気を取り込んだ上にさらに努力を重ね、

素敵な年になりますようにと祈らずにはいられません。

 

170201C

(椿)

営業のご案内

【営業時間】
3~10月 9:30~18:00
11~2月 9:30~17:00
【休日】
不定休(カレンダーを参照)
【アクセス】
新名神高速道路信楽ICより車で約2分。
信楽高原鐡道雲井駅より徒歩5分。帝産バス雲井駅停留所より徒歩5分。
アクセス地図>>
【駐車場】
有り

お問い合わせ

皆様のご来店をお待ちしております。

お問い合わせはこちら|0748-83-0759

受付時間/営業時間と同じ